月別アーカイブ: 2015年11月

川崎のハプニングバーに行ってきました

[PR]全国のキャバ嬢・風俗嬢が喜ぶメンズアイテム結果発表!

川崎にハプニングバーがある?

川崎のハプニングバーに行ってきました。よくいく川崎のキャバクラのキャバ嬢と、どこまでギリギリお店に行ったことがあるか、という話になって、マンションの個室にあるハプニングバーに行ったことがあるよ、といったら向こうが川崎にもハプニングバーあるよー^^って言ってきたので、一瞬え?って思ったんですよね。だってそんなの知らないですから。よくよく聞くと西口らしい。へえ、あんなにおとなしい西口にあるんですねー。まあ東じゃそんなの営業できないですよね。

[PR]川崎のハプバーで必須のアイテム

川崎のハプニングバーに行ってきた

ということで早速潜入してきました。ただ、会員制のバーと言うことで詳しくは書けません。店の場所もサイトには載ってないんで注意を。まあ中は普通のバーでした。シャワーがあるので浴びるのが礼儀みたいですね。プレイを楽しまないなら浴びなくても良いのかもしれません。

川崎のハプニングバーはこんな感じ

なので、男性陣はバスタオル一枚、女性陣はバスローブのような格好になっています。あとはよくある、レースのカーテンの向こうで好きなタイミングにカップル同士がいちゃつけるので、それを他のメンバーが聞いて(のぞい?て)楽しむようなところでした。ハプニングバーといってもなんらかのハプニングが毎回おこるわけではないのでこんな感じですかね。まあアソコさわられたり、おっぱい揉んだりは普通にありましたが。それにしてもこんなところにハプニングバーが、ねえ。

川崎でスナックのママとエッチした体験談

[PR]全国のキャバ嬢・風俗嬢が喜ぶメンズアイテム結果発表!

川崎と言えば、神奈川でも有名な繁華街で、本格的な風俗がそろっています。(無料案内所は地元のヤの協定でないけど)そんな川崎でスナックのママと楽しんできました。

ネットでは、川崎市商店街でできたとか、バー宇田川っていう店がオススメだとかデマ情報が飛び交っていますが、川崎の中心部ではほとんどチャンスはありません。正直川崎はガラのよい街でもないので、そんなことをしたらあっという間に噂が広がります。

ママといいことがしたいなら、川崎から大体一駅のところにあるスナックがねらい目です。実はママといいことができるお店を簡単に見分ける方法があります。それは、看板の明かりが消えたり、ドアの鍵が閉まった後に、中に人がいるかどうかです。

そう、中に人がいるお店は、今まさに中で繰り広げられているということです。私の知っている店でも2、3件ありますが、さすがにここでは名前は言えませんね。線路沿いに10分くらい歩いたところにあって、近くラーメン屋がある紫の看板のスナックです。

スナックでのエッチの何が素晴らしいかって、ママがお店の酒をのんだり、普段はお客さんが座るシートがベッドに早変わりしたり、運がいいとお店の子も一緒に参加してくることでしょうね。ただ、私の経験ではママがオーナーの愛人というケースが多いので、本気になりそうというかたは遠慮したほうが良いです。あくまでも遊びですね。

川崎のちょんの間の体験談

[PR]全国のキャバ嬢・風俗嬢が喜ぶメンズアイテム結果発表!

川崎のちょんの間はどこにあるのか?

ほかのサイトだと川崎のちょんの間の場所とかをもったいぶって教えるけど、このサイトに来る皆さんならもう知っても明日よね。川崎のちょんの間というと南町と堀之内があるんですが自分が行くのはもっぱら南町です。

ちょんの間って客がイクためのサービスだから女の子をイカセルことができないのがくやしいんですよね。一時期、あらゆる手段でちょんの間の百戦錬磨の嬢たちをイカせることにハマってました。

[PR]川崎ちょんの間でイカせるときに絶対使うアイテム

川崎のちょんの間に日本人はいるのか

ちなみに最近様子見に行ったときは日本人が居ましたね。相場は外人が1~1.2、日本人だと1.5~2くらいですね。ちなみに1.5と2はコースの違いでもあります。
私は性病が怖いんでスキンつける派ですが、南町は結構ナマでお願いするお客さんがいるみたいです。そういえばこないだあたったこは、頼みもしないのにナマで入れてきましたね。

南町のちょんの間の場所のさらに詳しい場所ですが、そんなに難しくはありません。グーグルマップなどの地図にも普通に載っています。ロック座の通りを川崎から離れる方向にまっすぐ歩いていけば小料理屋やスナックがたくさんあります。そこがそうです。

大抵はちょっと中が見える透明ガラスの入り口で、2人くらいの露出のあるおねーちゃんが座っているのですぐわかりますよ。2ちゃんねるとかでも情報交換されてますけど、かなり古い情報ですね。私がいった最近の体験談を書いていこうと思います。

[PR]川崎ちょんの間を楽しむならコレ